李 昀霏

り いんひ/ニックネーム:霏霏 取材テーマ「観光」 1995年生 日本観光大学学生 

多くの台湾人にとって福島の印象とは、大多数が放射線や天災に触れる恐れです。それは目に見えないものです。新聞や雑誌だけでは理解できませんし、不安に陥りやすいのです。福島の復興をデータや資料を見るだけではなく、実際に一度訪ねることが確実ですから、私は11月の福島の旅をとても楽しみにしています。